想うことなど……

春爛漫

2014.04.16

news10_01.jpg

 春爛漫……、今頃は彦根城域で約1200本の桜が咲き誇っている頃でしょう。
 彦根がまだ彦根町だった頃の話です。吉田繁治郎というひとがいました。
 「古い城下町の味をたいせつにし、大きく伸びる町にするには、観光の町として発展させていくのが、いちばんよいのではないだろうか。彦根城一帯に桜の木を植えて、桜の彦根城にしよう。」昭和8年、46歳の繁治郎氏は彦根の将来について、こんな夢をえがきました。繁治郎氏は、桜の苗木を買うための寄付金を集め、ソメイヨシノの苗木、1000本を買い入れて植えはじめたのでした。天守近く、内濠の土手、金亀公園、外濠の道ばた、旧港湾沿いや芹川の土手にも苗木を植えたといいます。
 彦根町は昭和12年彦根市となり、「桜の彦根城」を観光の名所として全国に宣伝します。そして、昭和28年、桜を植えることを思い立ってから20年、永年の努力が認められ彦根観光協会から繁次郎氏は表彰を受けました。
 ところで、ソメイヨシノの寿命は60年〜70年といわれます。国宝や重要文化財の指定を受けた彦根城内では、土を掘り返して新芽を植え替えることは難しく、市民団体「ひこね桜守」(代表山内勉氏)は、2004年より花が咲く前と咲いた後に肥料をやることと、テングス病などの病気を早期に発見して、樹医と一緒に治療しています。現在も、彦根市文化財課・レイカディア大学の方々と共に「ひこね桜守」の運動を続けています。
 彦根城の世界遺産登録を無理だからと最初から諦めている人に出会うこともありますが、繁治郎氏の桜、ひこね桜守、彦根を映画で盛り上げる会の活動のように、夢を諦めない人々のボランティアによって、現在の彦根があります。私は、諦めるのではなく、まず、皆で取り組む勇気が世界遺産登録にも必要なのではないかなと想っています。

この記事のリンク: 春爛漫

「是々非々」

2014.01.12

 「特定秘密保護法」「原発依存社会」「原発再稼働」「武器提供」「改憲」、「3.11 東日本大震災」以来の日本は、「強い国」を目指し「再生」のための様々な努力が成されています。「経済大国」や「軍事大国」という言葉はとっくに時代遅れで、「強い国」という言葉には、来たるべき新しい時代の「国民を守り、この国の経済を持続的に発展させる」という決意が込められているのだと私は思っています。
 「歴史は繰り返す」或いは、「歴史に学ぶ」という言葉があります。歴史は繰り返す故に、学び、よりよい未来を選択することができるということだと思います。戦争も原発事故も人的災害です。だから私たちは自らの手で災害を招くことはしてはならず、滋賀県の条例制定に携わる議員として自然災害から県民を守る条例案を真摯に見守りつづけなければなりません。
 現在の身近なことは判るが、未来を考えるのは解らないし面倒くさい。一般的に歴史的なスパンで物事を考えることが苦手です。だから、目に映る文字や聞こえてくる言葉は、未来を曖昧にした心地良く解りやすいものが好まれます。
 私は、耳障りの良い言葉を発することはできません。それは議員に選んでいただいた時からの責務として厳しく議会の動向を見極め、未来を判断しなければならないからです。
 「是々非々」。正しいこと(是)は正しい、正しくないこと(非)は、認めて正すことのできる議員で在りつづける。これが私の信念だからです。そして、「彦根にとって」、「彦根で暮らす人々にとって」どうなのかが私の判断基準でしたが、今年からは「1市4町にとって」「1市4町で暮らす人々にとって」どうなのかが私の判断基準です。
 本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

この記事のリンク: 「是々非々」

妖怪がブーム!?

2013.07.07

news07_04.jpg

 2013年6月8日(土)~9日(日)、彦根の花しょうぶ通りで行われた「アートフェスタ勝負市」のイベントのひとつに「妖怪迷路 化け町」というのがあった。花しょうぶ通りに隣接する袋町を舞台に、京都の妖怪藝術団体「百妖箱」の皆さん扮する妖怪が出題するクイズを解いて回るラリーである。妖怪の文献に基づいた造形がリアルで、半端ではない怖さであった。また、NPO法人芹川の子育て支援部門が「彦根妖怪図鑑」を出版。更に、6月22日(土)には「彦根ゴーストーツアー」が催行され、滋賀大学経済学部講堂で『彦根屏風の幽霊』と題した講演会が行われた。
 「妖怪や幽霊がブームなのかな!?」と思っていたら、日本経済新聞に、国際日本文化研究センター所長小松和彦氏のコラムが掲載されていた。気になった部分を抜粋してみる。
 「ところで今、妖怪はブームであり、関連の小説やコミック、アニメ、ゲームが作られ、博物館や美術館では妖怪をテーマに展覧会がひらかれてたくさんの観客を動員し、グッズも売れているという」「しかしながら、妖怪は大学や研究コミュニティー等からは学術的に論じるに値しないものと長くみなされていた」「国の文化力とは、そうした「無用の用」を、つまり目には見えにくい、だが将来大化けするかもしれない基礎的、野心的な研究をどれだけ支援できるかにかかっているように思う」。
 妖怪や幽霊は夏の風物詩である。
この夏もさまざまな場面で登場することだろうが、エンタテイメントとしてだけではなく、小松氏が書かれている基礎的野心的な研究に興味を覚える。妖怪だけでなく地域には目に見えにくい、宝物がまだまだ埋もれているに違いない。どれだけ支援できるかどうか、地域の活性化の鍵になるのではないだろうか。大切なことはいつも目には見えないものなのかもしれない。

この記事のリンク: 妖怪がブーム!?

彦根城外濠の土塁跡

2012.04.09

IMG_9480.jpg

先日、本町一丁目を歩いているときに、建物が取り壊されて更地になった一画に、彦根城外濠の土塁跡と思われる土盛りを見つけた。石垣はおそらく土塁の断面に沿ってあとから築かれたものだろう。
現在、昭和新道と呼ばれている道路は、昭和25年頃に彦根城の外濠を埋めてつくられたもので、私がまだ子どもの時分にはこの界隈に土塁が残っていたのを憶えている。
江戸時代の彦根に想いを馳せながら散歩してみるのもいいかもしれない。歴史ある彦根のまちには、まだまだ新しい発見が待っている。

この記事のリンク: 彦根城外濠の土塁跡

女川町視察

2012.01.08

02_03.jpg

2011年11月24日~26日、宮城県三陸地方の視察に同行させていただいた。女川町では、防災・産業・住環境・保険医療福祉・人材育成の5つを復興の柱に、復旧期を2年、基盤整備期3年、本格復興期3年の平成30年度を目標に「女川町復興計画」を策定し町民一丸となって取り組んでおられた。また同時に、「地元の商売を復興をしなければならないが、中小企業の経営者を守る制度はない」ことを知った。
 復興への支援とはいったい何なのか……。義援金や物資を届けるだけではない。被災された方々が「前を向いて生きていこうと思える」ような支援とは何なのか。優先順位は確かにあるが、地元の商工業者を守る制度を、シミュレーションしておきたいと思った。

この記事のリンク: 女川町視察

ひこねキャンドルナイト

2012.01.08

昨年11月23日、「ひこねキャンドルナイト2011」が、彦根市本町の宗安寺で行われた。低炭素社会実現に向けて「気づき」を促すことを目的にしている。実行委員会は、本年3月11日に、「絆」をテーマにひこねキャンドルナイトを計画しているという。

また、「東北から離れていても、被災地の今を想っていたい」。そんな思いから「ろうそくの灯る時間、東北を想おう」をテーマにした「ほたてあかり」が、滋賀県立大学の学生有志により企画され、販売も始まっている。「ほたてあかり」の制作は宮城県南三陸町田の浦のお母さんたちの漁業復興までの間の仕事となっている。

キャンドルの灯は今、人々を繋ぐ手段になっているようだ。私もできる限りのお手伝いをしたいと思っている。

この記事のリンク: ひこねキャンドルナイト

映画「一命」

2011.08.13

今年10月15日、松竹映画「一命」のロードショーが始まります。原作は「異聞浪人記」滝口康彦著(1958年)で、仲代達矢の主演で「切腹」として映画化されたこともある作品です。「異聞浪人記」は今「一命」(講談社文庫)に収録されています。この話には、井伊直孝公の時代、江戸井伊家の上屋敷を舞台に、武家社会に立ち向かった2人の侍の生きざまが描かれています。愛の物語が根底に流れているのだが、武家の建前は現代の政治にも似ているようでもあります。
貧しくとも愛する人と共に生きることができる社会が幸せなのだと思う今日この頃です。

この記事のリンク: 映画「一命」

ソーシャルメディア

2011.08.13

思い立ったが吉日とばかり、FacebookとTwitterを始めました。テレビのチャンネルが丸い時代の人間としては、ボタンがいっぱい配されたステレオを経験し、リモコンの機能を覚えきれず、いつのまにか、一つのボタンに沢山の機能がある時代になりました。コンピュータなどできれば触りたくないと思っていました。
案ずるより産むが易しとはいいますが、予想通り悪戦苦闘しながら、解らないことだらけですが、何とかなりました。今は何もかも、目新しく、いろいろと学んでいます。素晴らしい世界ですが、このツールをどう活用するのか、問われていることも確かなようです。

この記事のリンク: ソーシャルメディア

言葉が通じない

2007.02.09

人は大抵の場合、言葉を使いコミュニケーションをとっています。以心伝心……漢字で書くと言葉を発する時よりもその意味するところがよく解り、コミュニケーションの究極の在り方のような気もいたします。
人は言葉で思考します。語彙が多ければ多いほど、論理的なより深い思考が可能となり、微妙なニュアンスを伝えることもできるようになるのでしょう。最近は語彙と言うよりボキャブラリーと言った方が理解し易いかもしれません。

続きを読む: 言葉が通じない

彦根と映画

2007.02.09

昨年末から「武士の一分」「大奥」と彦根ロケの映画が話題になっていました。カメラが切り取った画面は物語との相乗効果で見慣れた風景とはまた違った新鮮な驚きがあります。わたしたちの町を背景として物語が展開する映像は、町の風景が時代を超え、繰り返し再生される記憶メディアだとも考えることができます。

続きを読む: 彦根と映画